!DOCTYPE HTML PUBLIC "-//W3C//DTD HTML 4.01 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/html4/loose.dtd"> Intelligent Software Laboratory,Waseda University  早稲田大学 情報理工学科・専攻 菅原研究室

早稲田大学理工学術院 基幹理工学部・研究科 情報理工学科・専攻 菅原研究室 Sugawara Lab. Waseda Univ.

学生による論文、外部発表リスト

2017年度

    論文誌・国際会議(査読付き)[Journal and International Conference (referred)]
  • Elhadji Diallo, Ayumi Sugiyama and Toshiharu Sugawara, "Learning to Coordinate with Deep Reinforcement Learning in Doubles Pong Game," Proceedings of 16th IEEE International Conference on Machine Learning and Applications (ICMLA 2017), Cancun, Mexico, December 18-21, 2017. (accepted as a full paper)
  • Tomoaki Otsuka and Toshiharu Sugawara, "Promotion of Robust Cooperation Among Agents in Complex Networks by Enhanced Expectation-of-Cooperation Strategy," Complex Networks and Their Applications V, Proceedings of the 6th International Conference on Complex Networks and their Applications (Complex Networks 2017), pp. xxx-xx, Studies in Computational Intelligence XXX, Springer, Lyon, France, Nov.29 - Dec.1, 2017. (accepted as a full paper) Springer Link DOI: 10.1007/978-3-319-72150-7_66
  • Masashi Hayano, Naoki Iijima and Toshiharu Sugawara "Asynchronous Agent Teams for Collaborative Tasks Based on Bottom-Up Alliance Formation and Adaptive Behavioral Strategies," Proceedings of The 15th IEEE International Conference on Dependable, Autonomic and Secure Computing (DASC 2017), pp. 589-596, Orlando, Florida, USA, November 6-10, 2017. IEEE Xplore, DOI: 10.1109/DASC-PICom-DataCom-CyberSciTec.2017.105
  • Naoki Iijima, Ayumi Sugiyama, Masashi Hayano and Toshiharu Sugawara, "Adaptive Task Allocation Based on Social Utility and Individual Preference in Distributed Environments," Proceedings of 21st International Conference on Knowledge-Based and Intelligent Information & Engineering Systems (KES 2017), Procedia Computer Science, Vol. 112, pp. 91-98, Elsevier, France, Sep. 6-8, 2017. ScienceDirect DOI: 10.1016/j.procs.2017.08.177
  • Tomoaki Otsuka and Toshiharu Sugawara, "Robust Spread of Cooperation by Expectation-of-Cooperation Strategy with Simple Labeling Method," Proceedings of 2017 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence (WI 2017), pp 483-490, ACM, Leipzig, Germany, August 23-26, 2017. ACM Digital Library, DOI: 10.1145/3106426.3106458
  • Ayumi Sugiyama and Toshiharu Sugawara, "Improvement of Robustness to Environmental Changes by Autonomous Divisional Cooperation in Multi-Agent Cooperative Patrol Problem,” 15th International Conference on Practical Applications of Agents and Multi-Agent Systems(PAAMS 2017), pp. 259-271, LNCS, Springer, Porto, Portugal, June 21-23. 2017. Springer link DOI: 10.1007/978-3-319-59930_21
  • Kengo Osaka, Fujio Toriumi and Toshiharu Sugawara "Effect of Direct Reciprocity and Network Structure on Continuing Prosperity of Social Networking Services," Computational Social Networks, Springer, ISSN 2197-4314, 2017. Springer Open DOI: 10.1186/s40649-017-0038-2

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(査読有り) [Domestic Conference (referred)]
  • 杉山歩未, Vourchteang Sea, 早野真史, 菅原俊治, "継続協調巡回問題における分業創発と環境変化への追従性," エージェント合同シンポジウム 予稿集 (JAWS 2017), 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 安房小湊, Sep. 15-17, 2017. (ロング発表)
  • Elhadji Amadou Oury DIALLO, 杉山歩未, 菅原俊治, "Coordinated Behavior by Deep Reinforcement Learning in Doubles Pong Game," エージェント合同シンポジウム 予稿集 (JAWS 2017), 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 安房小湊, Sep. 15-17, 2017. (ロング発表)
  • 飯嶋直輝, 杉山歩未, 早野真史, 菅原俊治, "分散環境における希望順位戦略の学習機能を備えたタスク割り当て手法の提案と評価," エージェント合同シンポジウム 予稿集 (JAWS 2017), 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 安房小湊, Sep. 15-17, 2017. (ロング発表)

  • 国内大会・研究会(査読なし) [Domestic Conference (non-referred)]
  • 井手理菜, 山内智貴, 菅原俊治, "エレベータ群管理システムにおける人数推定を用いた呼び割当手法とスケジューリング手法," エージェント合同シンポジウム 予稿集 (JAWS 2017), 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 安房小湊, Sep. 15-17, 2017. (ポスター発表)
  • 湯徳尊久, 杉山歩未, 菅原俊治, "マルチエージェント探索問題におけるフィルタリングと粗視化を用いた統合手法と領域分割手法の比較," エージェント合同シンポジウム 予稿集 (JAWS 2017), 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 安房小湊, Sep. 15-17, 2017. (ポスター発表) 優秀ポスター発表賞
  • 杉山 歩未, 菅原 俊治, "マルチエージェント継続協調巡回問題における分業によるロバスト性の向上," 第31回人工知能学会全国大会予稿集, 3N1-3, ウインクあいち, 名古屋, May 23-26, 2017.
to TOP

2016年度

    論文誌・国際会議(査読付き)[Journal and International Conference (referred)]
  • Masashi Hayano, Yuki Miyashita and Toshiharu Sugawara, "Adaptive Switching Behavioral Strategies for Effective Team Formation in Changing Environments," Agents and Artificial Intelligence (Revised and selected papers from ICAART 2016), LNAI (LNCS) 10162, Springer, pp. 37-55, 2017. Springer Link, DOI: 10.1007/978-3-319-53354-4_3
  • Vourchteang Sea, Chihiro Kato and Toshiharu Sugawara, "Coordinated Area Partitioning Method by Autonomous Agents for Continuous Cooperative Tasks," Journal of Information Processing, Vol. 25, No.1 pp. 75-87, January 2017. DOI: 10.2197/ipsjjip.25.75 J-Stage
  • Kengo Osaka, Fujio Toriumi, and Toshiharu Sugawara, "Effect of Direct Reciprocity on Continuing Prosperity of Social Networking Services," Complex Networks and Their Applications V, Proceedings of the 5th International Workshop on Complex Networks and their Applications (Complex Networks 2016), pp. 411-422, Studies in Computational Intelligence 693, Springer, Milan, Italy, Nov.30 - Dec.2, 2016. (accepted as a full paper) Springer DOI: 10.1007/978-3-319-50901-3_33
  • Naoki Iijima, Masashi Hayano, Ayumi Sugiyama and Toshiharu Sugawara, "Analysis of Task Allocation Based on Social Utility and Incompatible Individual Preference," Proceedings of the 21st Conference on Technologies and Applications of Artificial Intelligence (TAAI 2016), pp. 24-31, IEEE Xplore, Hsinchu, Taiwan, Nov. 2016. IEEE Xplore DOI: 10.1109/TAAI.2016.7880161
  • Ayumi Sugiyama, Sea Vourchteang and Toshiharu Sugawara, "Effective Task Allocation by Enhancing Divisional Cooperation in Multi-Agent Continuous Patrolling Tasks," Proceedings of the 28th IEEE International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI 2016), pp. 33-40, IEEE Xplore, San Jose, USA, Nov. 6-8, 2016. IEEE Xplore DOI: 10.1109/ICTAI.2016.0016
  • 早野真史, 宮下裕貴, 菅原俊治, "エージェントの行動戦略選択による組織化とタスク処理効率化の実現," 人工知能学会論文誌, Vol. 31, No. 6, p.AG-F_1-11, 2016. J-Stage DOI: 10.1527/tjsai.AG-F
  • 芝 夢乃, 菅原 俊治, "繰り返し信頼ネットワーク生成によるグループワークの公平な相互評価法の提案," 人工知能学会論文誌, Vol. 31, No. 6, p.AG-C_1-10 2016. J-Stage DOI: 10.1527/tjsai.AG-C
  • 風戸 雄太, 福田 健介, 菅原 俊治, "DNSグラフ上でのグラフ分析と脅威スコア伝搬による悪性ドメイン特定," コンピュータソフトウェア, Vol. 33, No. 3, pp. 16-28, 日本ソフトウェア科学会, 岩波書店, 2016. J-Stage, DOI: 10.11309/jssst.33.3_16
  • Ryosuke Shibusawa, Tomoaki Otsuka and Toshiharu Sugawara, "Spread of Cooperation in Complex Agent Networks Based on Expectation of Cooperation," Proceedings of the 19th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2016), LNCS (LNAI) Vol. 9862, pp. 76-91, Springer, Phuket, Thailand, Aug. 22-26, 2016. Springer Link, DOI: 10.1007/978-3-319-44832-9_5
  • Yuki Hirahara, Fujio Toriumi and Toshiharu Sugawara, "Cooperation-Dominant Situations in SNS-norms Game on Complex and Facebook Networks," New Generation Computing, Vol. 34, No. 3, pp. 273-289, Ohmsha Ltd. and Springer, 2016. Springer Link, DOI: 10.1007/s00354-016-0305-z
    (This paper is also published in Transactions of the Japanese Society for Artificial Intelligence, 2015. DOI: 10.1527/tjsai.JWEIN-K, J-Stage).
  • Yuki Miyashita, Masashi Hayano and Toshiharu Sugawara, "Formation of Association Structures Based on Reciprocity and Their Performance in Allocation Problems," Coordination, Organizations, Institutions, and Norms in Agent Systems XI (COIN book 2015), LNAI Vol. 9628, pp. 262-281, Springer, 2016. Springer Link, DOI: 10.1007/978-3-319-42691-4_15
  • Chia Wei Yeh and Toshiharu Sugawara, "Solving Coalition Structure Generation Problem with Double-Layered Ant Colony Optimization," Proceedings of the 5th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2016), pp. 65-70, IEEE Xplore, Kumamoto, Japan, July 10-14, 2016. DOI 10.1109/IIAI-AAI.2016.57 IEEE Xplore
  • Kengo Saito and Toshiharu Sugawara, "Assignment Problem with Preference and an Efficient Solution Method without Dissatisfaction," Proceedings of 10th International KES Conference on Agents and Multi-Agent Systems: Technologies and Applications, Smart Innovation, Systems and Technologies Series, Vol. 58, pp 33-44, Springer, Spain, June 15-17, 2016. Springer Link, DOI: 10.1007/978-3-319-39883-9_3
  • Ryosuke Shibusawa, Tomoaki Otsuka and Toshiharu Sugawara, "Emergence of Cooperation in Complex Agent Networks Based on Expectation of Cooperation," Proceedings of the 15th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2016), pp 1333-1334, May 9-13, 2016. online
  • Kengo Osaka, Fujio Toriumi, and Toshiharu Sugawara, "Effect of Direct Reciprocity on Social Networking Services," Proceedings of the 6th International Workshop on Emergent Intelligence on Networked Agents, WEIN-16, (held in conjunction with of the 15th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems), pp. 9-16, Singapore, May 10, 2016. online

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(査読有り) [Domestic Conference (referred)]
  • 杉山 歩未, Sea Vourchteang, 菅原 俊治, "マルチエージェント継続巡回問題における分割的協調のための効率的な自律的タスク割当手法," エージェント合同シンポジウム (JAWS2016)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 岐阜羽島, Sep. 15-16, 2016. (ロング発表) IEEE Young Researcher Award
  • 井手 理菜, 菅原 俊治, "カメラによる人数推定を考慮したエレベータ群管理システム," エージェント合同シンポジウム (JAWS2016)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 岐阜羽島, Sep. 15-16, 2016. (ショート発表)
  • 大塚 知亮, 菅原 俊治, "協調期待戦略による協調促進の頑健性について," エージェント合同シンポジウム (JAWS2016)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 岐阜羽島, Sep. 15-16, 2016. (ショート発表)

  • 国内大会・研究会(査読なし) [Domestic Conference (non-referred)]
  • 早野真史, 菅原俊治, "非同期チーム編成における互恵編成戦略の提案と評価," 第79回情報処理全国大会予稿集, 7F-05, Mar. 16-18, 2017.
  • 荒木大輔, 鳥海不二夫, 菅原俊治, "トピックモデルを用いた人狼ゲームの会話に基づく役職別のプレイヤ推定法," 第79回情報処理全国大会予稿集, 7P-03, Mar. 16-18, 2017.
  • 小泉知夏, 菅原俊治, "係り受け関係の類似性に着目した小説の著者推定," 知能システム研究会予稿集 ICS, Vol. 2017-ICS-186, No. 7, pp. 1-7, 情報処理学会, 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 2-5, 2017.
  • 尾形直哉, 早野真史, 菅原俊治, "値引きを考慮した小売店の発注戦略の分析," 知能システム研究会予稿集 ICS, Vol. 2017-ICS-186, No. 5, pp. 1-7, 情報処理学会, 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 2-5, 2017.
  • 三浦雄太郎, 大阪健吾, 鳥海不二夫, 菅原俊治, "ソーシャルメディアにおける限界効用逓減の効果," 社会システムと情報技術研究ウィーク (SIG-SAI:社会におけるAI研究会, 人工知能学会), ルスツリゾート, Mar. 2-5, 2017. online
  • 大塚 知亮, 菅原 俊治, "不均質な環境における 拡張協調期待戦略の効率と特性," 第一回計算社会科学ワークショップ, 学習院大学, Feb. 26-27, 2017. online
  • 湯徳 尊久, 杉山 歩未, 菅原 俊治, "探索問題におけるフィルタリングと粗視化を用いたマルチエージェント強化学習について," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, Vol. 116, No. 350, AI2016-22, pp. 55-60, 電子情報通信学会, 湯布院, Dec. 9, 2016.
  • 小瀬木晴信, 杉山歩未, 菅原俊治, "優先度の存在する領域における強化学習を用いたマルチエージェントパトロール手法," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, Vol. 116, No. 350, AI2016-21, pp. 49-54, 電子情報通信学会, 湯布院, Dec. 9, 2016.
  • 井手 理菜, 菅原 俊治, "人数を観測可能な環境におけるエレベータ群管理システム," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, Vol. 116, No. 117, AI2016-3, pp. 13-18, 電子情報通信学会, 早稲田大学, June 27, 2016.
  • 杉山 歩未, Sea Vourchteang, 菅原 俊治, "マルチエージェント巡回清掃における直接的な通信を用いた分業促進手法," 人工知能学会全国大会予稿集, 1L2-3, 北九州国際会議場, June 6-9, 2016. online
to TOP

2015年度

    論文誌・国際会議(査読付き)[Journal and International Conference (referred)]
  • Masashi Hayano, Yuki Miyashita and Toshiharu Sugawara, "Switching Behavioral Strategies for Effective Team Formation by Autonomous Agent Organization," Proceedings of the 8th International Conference on Agents and Artificial Intelligence, pp. 56-65, Rome, Italy, Feb. 24-26, 2016. DOI: 10.5220/0005748200560065, Online
  • Kengo Saito and Toshiharu Sugawara, "Allocating Resources based on Multiple Bid Declaration with Preference," ACIS International Journal of Computer and Information Science, Vol. 16, No. 4, pp. 30 - 40, ACIS U.S.A., 2015. (ISSN 2375-964X) online
  • Ryutaro Kawaguchi, Masashi Hayano, and Toshiharu Sugawara, "Balanced Team Formation for Tasks with Deadlines," Proceedings of 2015 IEEE/WIC/ACM International Conference on Web Intelligence and Intelligent Agent Technology (WI-IAT 15), pp. 234-241, IEEE Xplore, IEEE Computer Society Press, Singapore, Dec. 6-9, 2015. DOI: 10.1109/WI-IAT.2015.57 IEEE Xplore
  • Keisuke Yoneda, Ayumi Sugiyama, Chihiro Kato, and Toshiharu Sugawara, "Learning and relearning of target decision strategies in continuous coordinated cleaning tasks with shallow coordination," Web Intelligence, Vol. 13, No. 4, pp. 279-294, 18 November, 2015. DOI: 10.3233/WEB-150326, online and pdf
  • Yumeno Shiba, Haruna Umegaki, and Toshiharu Sugawara, "Fair Assessment of Group Work by Mutual Evaluation with Irresponsible and Collusive Students Using Trust Networks," Proceedings of the 18th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2015), LNCS (LNAI) Vol. 9387, pp. 528-537, Springer, Bertinoro, Italy, Oct. 26-30, 2015. Springer Link, DOI: 10.1007/978-3-319-25524-8_35
  • Yuki Miyashita, Masashi Hayano and Toshiharu Sugawara, "Self-Organizational Reciprocal Agents for Conflict Avoidance in Allocation Problems," Proceedings of 9th IEEE International Conference on Self-Adaptive and Self-Organizing Systems (SASO 2015), pp 151-155, IEEE Xplore, Cambridge, MA, September 21-15, 2015. DOI: 10.1109/SASO.2015.24, IEEE Xplore
  • Vourchteang Sea and Toshiharu Sugawara, "Area Partitioning Method with Learning of Dirty Areas and Obstacles in Environments for Cooperative Sweeping Robots," Proceedings of the 4th IIAI International Congress on Advanced Applied Informatics (IIAI AAI 2015), pp. 523-529, IEEE Xplore, July 12-16, 2015. DOI: 10.1109/IIAI-AAI.2015.261, (Best Student Paper Award) IEEE Xplore
  • Kengo Saito and Toshiharu Sugawara, "Single-Object Resource Allocation in Multiple Bid Declaration with Preferential Order," Proceedings of the 14th IEEE/ACIS International Conference on Computer and Information Science (ICIS 2015), pp. 341-348, IEEE Xplore, Las Vegas, USA, June 28-July 1, 2015. DOI: 10.1109/ICIS.2015.7166617, IEEE Xplore
  • 杉山歩未, 菅原俊治, "動的環境におけるマルチエージェント巡回清掃の自律的な戦略学習の提案," 電子情報通信学会論文誌D, 電子情報通信学会, Vol. J98-D, No.6, pp. 862-872, Jun. 2015. DOI: 10.14923/transinfj.2014SWP0023, IEICE Transactions Online
  • 渋澤亮介, 菅原俊治, "複雑ネットワーク上での影響力の伝搬によるノルムの収束について," 電子情報通信学会論文誌D, 電子情報通信学会, Vol. J98-D, No.6, pp. 873-883, Jun. 2015. DOI: 10.14923/transinfj.2014SWP0027, IEICE Transactions Online
  • Yuki Miyashita, Masashi Hayano and Toshiharu Sugawara, "Association Formation Based on Reciprocity for Conflict Avoidance in Allocation Problems," Proceedings of Workshop on Coordination, Organizations, Institutions and Norms in Agent Systems (COIN 2015), (held in conjunction with the 12th International Conference on Autonomous Agents and Multiagent Systems (AAMAS2015)), pp. 143-157, Istanbul, Turkey, May 4-8, 2015. IFAAMAS online
  • Ayumi Sugiyama and Toshiharu Sugawara, "Meta-Strategy for Cooperative Tasks with Learning of Environments in Multi-Agent Continuous Tasks," Proceedings of the 30th ACM/SIGAPP Symposium On Applied Computing (ACM SAC 2015), pp. 494-500, Salamanca, Spain, April 13-17, 2015. (Best Paper Award) DOI: 10.1145/2695664.2695878, ACM DL

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(査読有り) [Domestic Conference (referred)]
  • 芝夢乃, 菅原俊治, "グループワークにおける信頼ネットワークに基づく公平な相互評価法の提案," エージェント合同シンポジウム (JAWS2015)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 山中温泉, Sep. 30 - Oct. 2, 2015. (シングルロング発表、採択率5/41) (優秀論文賞)
  • 早野真史, 宮下裕貴, 菅原俊治, "行動戦略選択エージェントによる協同関係強化手法の提案," エージェント合同シンポジウム (JAWS2015)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 山中温泉, Sep. 30 - Oct. 2, 2015. (ショート発表、採択率34/41)
  • 渋澤亮介, 菅原俊治, "複雑ネットワーク上での囚人のジレンマゲームにおける協調の促進について," エージェント合同シンポジウム (JAWS2015)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 山中温泉, Sep. 30 - Oct. 2, 2015. (ショート発表、採択率34/41)
  • 大阪健吾, 鳥海不二夫, 菅原俊治, "直接互恵性が働くソーシャルメディアにおける協調の進化," 第11回ネットワークが創発する知能研究会ワークショップ (JWEIN2015) 論文集, 日本ソフトウエア科学会, 日本大学, August 19-21, 2015.
  • 宮下裕貴, 早野真史, 菅原俊治, "チーム編成ゲームと互恵エージェントを用いた自 律的組織化について," 第11回ネットワークが創発する知能研究会ワークショップ (JWEIN2015) 論文集, 日本ソフトウエア科学会, 日本大学, August 19-21, 2015.
  • 風戸雄太, 福田健介, 菅原俊治, "DNSグラフ上でのグラフ分析と脅威確率伝搬による悪質ドメイン特定," 第16回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2015) 論文集 (ISSN 1341-870X), 日本ソフトウエア科学会, 宇奈月温泉, June 25-26, 2015.

  • 国内大会・研究会(査読なし) [Domestic Conference (non-referred)]
  • 飯嶋 直輝, 齋藤 健吾, 早野 真史, 菅原 俊治, "継続的に発生する優先度つきタスクの効率的割り当て手法の一解法について," 知能システム研究会予稿集 ICS, Vol. 2016-ICS-182, No. 9, pp. 1-7, 情報処理学会 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 1-3, 2016.
  • 大塚 知亮, 菅原 俊治, "Mobile agentネットワークにおけるノルムの収束," 知識ベースシステム研究会予稿集, Vol. SIG-KBS-107, pp. 1-6, 人工知能学会, 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 1-3, 2016.
  • 吉村 祐, 杉山 歩未, 菅原 俊治, "通信範囲に制限を持つマルチロボットの巡回清掃における効率的な領域分 割法の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, Vol. 115, No. 478, AI2015-66, pp. 7-12, 電子情報通信学会, 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 1-3, 2016.
  • 湯徳 尊久, 杉山 歩未, 菅原 俊治, "マップを基地とした環境における Q学習を用いた高効率な分散探索手法の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, Vol. 115, No. 478, AI2015-65, pp. 1-6, 電子情報通信学会, 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 1-3, 2016.
  • 齋藤 健吾, 菅原 俊治, "希望順位を反映したリソース割当て問題における効率的な割当てアルゴリズムの提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, Vol. 115, No. 381, AI2015-46, pp. 119-124, 電子情報通信学会, 那覇市ぶんかテンブス館, Dec. 18-19, 2015.
  • 川口 竜太郎, 早野 真史, 菅原 俊治, "デッドライン付きタスクを効果的に割り当てるチーム編成手法の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, Vol. 115, No. 381, AI2015-47, pp. 125 - 130, 電子情報通信学会, 那覇市ぶんかテンブス館, Dec. 18-19, 2015.
  • 大渕 敬寛, 菅原 俊治, "隣接交差点間の自動車台数を考慮したスプリット計算手法の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, Vol. 115, No. 381, AI2015-48, pp. 131-136, 電子情報通信学会, 那覇市ぶんかテンブス館, Dec. 18-19, 2015.
  • 石川直樹, 坂本裕紀, 菅原俊治, "ランダム性を考慮したスマートグリッドにおける家庭の電力売買戦略の学習," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, 電子情報通信学会, 早稲田大学, June. 18, 2015
to TOP

2014年度

    論文誌・国際会議(査読付き)[Journal and International Conference (referred)]
  • Masashi Hayano, Dai Hamada and Toshiharu Sugawara, "Role and Member Selection in Team Formation Using Resource Estimation for Large-Scale Multi-Agent Systems," Neurocomputing, Volume 146, Pages 164-172, Elsevier, ISSN: 0925-2312, Dec. 25 2014. DOI: 10.1016/j.neucom.2014.04.059, ScienceDirect (preprint)
  • Ayumi Sugiyama and Toshiharu Sugawara, "Autonomous Strategy Determination with Learning of Environments in Multi-Agent Continuous Cleaning," Proceedings of the 17th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2014), LNCS Vol. 8861, pp. 455 - 462, Gold Coast, Australia, Dec. 1-5, 2014. Springer Link, DOI: 10.1007/978-3-319-13191-7_36,
  • Yuki Hirahara, Fujio Toriumi and Toshiharu Sugawara, "Evolution of Cooperation in SNS-norms Game on Complex Networks and Real Social Networks," Social Informatics, -- Proceedings of the 6th International Conference on Social Informatics (SocInfo 2014), LNCS Vol. 8851, pp. 112-120, Barcelona, Spain, Nov. 10-13, 2014. Springer Link, DOI: 10.1007/978-3-319-13734-6_8,
  • Yumeno Shiba and Toshiharu Sugawara, "Fair assessment of group work by mutual evaluation based on trust network," Proceedings of 2014 IEEE Frontiers in Education Conference (IEEE FIE 2014), pp. 821-827, IEEE Xplore, Madrid, Spain, Oct. 22-25, 2014. DOI: 10.1109/FIE.2014.7044121, IEEE Xplore
  • Ryosuke Shibusawa and Toshiharu Sugawara, "Norm Emergence via Influential Weight Propagation in Complex Networks," Proceedings of the First European Network Intelligence Conference (ENIC 2014), pp. 30-37, IEEE Xplore, Wroclaw, Poland, September 29-30, 2014. DOI: 10.1109/ENIC.2014.28, IEEE Xplore
  • 平原悠喜, 鳥海不二夫, 菅原俊治, "WSモデル・BAモデルのネットワーク上でのメタ報酬ゲームにおける協調の進化," コンピュータソフトウェア, Vol. 31, No. 2, pp. 211-221, 日本ソフトウェア科学会, 岩波書店, 2014. DOI: 10.11309/jssst.31.3_211, J-Stage
  • Kazuki Urakawa and Toshiharu Sugawara, "Learning of Task Allocation Method Based on Reorganization of Agent Networks in Known and Unknown Environments," Journal of Information Processing (JIP), Vol. 22, No. 2, pp. 289 - 298, 2014. DOI: 10.2197/ipsjjip.22.289, J-Stage

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(査読有り)
  • 坂本裕紀, 菅原俊治, "投票カード群を用いた売買価格差を考慮した蓄電池充放電計画手法の評価," エージェント合同シンポジウム (JAWS2014)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, ANAホリデイ・インリゾート宮崎, Oct. 27 - 29, 2014. (ロング発表、採択率21/92)
  • 杉山歩未, 菅原俊治 "マルチエージェント巡回清掃における未知環境下での自律的な戦略の学習," エージェント合同シンポジウム (JAWS2014)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, ANAホリデイ・インリゾート宮崎, Oct. 27 - 29, 2014. (優秀論文賞:2/92、シングルロング発表賞、採択率6/92)
  • 渋澤亮介, 菅原俊治 "複雑ネットワークにおける影響力の伝播によるノルムの収束について," エージェント合同シンポジウム (JAWS2014)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, ANAホリデイ・インリゾート宮崎, Oct. 27 - 29, 2014. (採択率57/92)

  • 国内大会・研究会(査読なし)
  • 早野真史, 宮下裕貴, 菅原俊治, "共同関係の強化による効率的なチーム編成手法の実現," 情報処理学会全国大会, 4T-04, 京都大学, Mar. 17-19, 2015. (学生奨励賞)
  • 大阪 健吾, 平原 悠喜, 鳥海 不二夫, 菅原 俊治, "直接互恵性が働くソーシャルメディアにおける協調の進化," 知能システム研究会予稿集 ICS, Vol. 2015-ICS-178, No. 12, 情報処理学会 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 1-4, 2015.
  • 川口 竜太郎, 早野 真史, 菅原 俊治, "デッドライン付きタスクを対象とした効率的チーム編成手法の提案," 知能システム研究会予稿集 ICS, Vol. 2015-ICS-178, No. 4, 情報処理学会 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 1-4, 2015.
  • 大渕 敬寛, 菅原 俊治, "交通量を考慮した動的な右折・時差式信号の制御手法の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, Vol. 114, No. 339, AI2014-19, pp. 19-24, 電子情報通信学会, 九州大学, Nov. 27-28, 2014.
  • 坂本裕紀, 菅原俊治, "家庭環境と市場電力価格を考慮した蓄電池充放電計画手法の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, 電子情報通信学会, 早稲田大学, June. 19, 2014
  • 杉山歩未, 菅原俊治 "エージェント間通信のないマルチエージェント巡回清掃における環境の汚れやすさの学習," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, 電子情報通信学会, 早稲田大学, June. 19, 2014
  • 杉山歩未, 菅原俊治, "マルチエージェント巡回清掃における自律的戦略の過学習とその一解消手法," 人工知能学会全国大会予稿集, 3A3, 松山, May 12-15, 2014. online
to TOP

2013年度

    論文誌・国際会議(査読付き)[Journal and International Conference (referred)]
  • Chihiro Kato and Toshiharu Sugawara. "Decentralized Area Partitioning for a Cooperative Cleaning Task," Proceedings of the 16th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2013), pp. 470-477, Duneden, New Zealand, Dec. 3-6, 2013. DOI: 10.1007/978-3-642-44927-7_36, Springer Link
  • Keisuke Yoneda, Chihiro Kato, and Toshiharu Sugawara, "Autonomous Learning of Target Decision Strategies without Communications for Continuous Coordinated Cleaning Tasks," Proceedings of 2013 IEEE/WIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technology (IAT-13), pp. 216 - 223, IEEE Computer Society Press, Atlanta, USA, Nov. 17-20, 2013. DOI: 10.1109/WI-IAT.2013.112, IEEE Xplore
  • Yuki Hirahara, Fujio Toriumi, and Toshiharu Sugawara, "Evolution of Cooperation in Meta-rewards Games on Networks of WS and BA models," Proceedings of the 2nd International Workshop on Data-Oriented Constructive Mining and Multi-Agent Simulation (DOCMAS 2013) (held in conjunction with the 2013 IEEE/WIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technology (IAT-13)), IEEE Computer Society Press, Atlanta, USA, Nov. 17-20, 2013. DOI: 10.1109/WI-IAT.2013.165, IEEE Xplore
  • Yuta Kazato, Kensuke Fukuda and Toshiharu Sugawara, "Towards classification of DNS erroneous queries," Proceedings of the Asian Internet Engineering Conference 2013 (AINTEC2013), pp. 25-32, Chiang Mai, Thailand, Nov. 13-15, 2013. DOI: 10.1145/2534142.2534146, ACM DL
  • Kazuki Urakawa and Toshiharu Sugawara, "Task Allocation Method Combining Reorganization of Agent Networks and Resource Estimation in Unknown Environments," Proceedings of the 3rd International Conference on Innovative Computing Technology (INTECH 2013), pp. 383-388, IEEE Computer Society Press, London, Aug. 29-31, 2013. (Best Paper Award), DOI: 10.1109/INTECH.2013.6653641, IEEE Xplore
  • Dai Hamada and Toshiharu Sugawara, "Autonomous Decision on Team Roles for Efficient Team Formation by Parameter Learning and its Evaluation," Intelligent Decision Technologies Journal, Vol. 7, No. 3, pp. 163-174, IOS press, June, 2013. DOI: 10.3233/IDT-130160, Online
  • Masashi Hayano, Dai Hamada and Toshiharu Sugawara, "Role and Member Selection in Team Formation Using Resource Estimation," Proceedings of the 7th International KES Conference on Agents and Multi-agent Systems - Technologies and Applications (KES-AMSTA 2013) (published as Frontiers in Artificial Intelligence and Applications, Vol. 252), pp. 125-136, IOS Press, Hue City, Vietnam, May 27-29, 2013. DOI: 10.3233/978-1-61499-254-7-125, Online

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(査読有り)
  • 平原悠喜, 鳥海不二夫, 菅原俊治, "WSモデル・BAモデルのネットワーク上でのメタ報酬ゲームにおける協調の進化," エージェント合同シンポジウム (JAWS2013)予稿集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 南紀白浜, Sep. 17 - 20, 2013.

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(軽い査読有り)
  • 風戸雄太, 福田健介, 菅原俊治, "DNSクエリデータ解析とそのクエリパターンのクラス分類," 第14回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2013) 論文集 (ISSN 1341-870X), 日本ソフトウエア科学会, 男鹿, June 20-21, 2013.

  • 国内大会・研究会(査読なし)
  • 芝夢乃, 菅原俊治, "平均二乗誤差に基づく信頼ネットワークによるグループワークの公正な相互評価方法の提案," 社会システムと情報技術研究ウィーク (社会におけるAI研究会, 人工知能学会), ニセコ甘露の森, Mar. 2-5, 2014.
  • 渋澤亮介, 菅原俊治, "コミュニティの影響力を考慮した拡張型Collective Learningによるスモールワールドネットワーク上のノルムの収束について," 社会システムと情報技術研究ウィーク (社会におけるAI研究会, 人工知能学会), ニセコ甘露の森, Mar. 2-5, 2014.
  • 齋藤健吾, 大榎啓太, 菅原俊治, "希望順位を反映した選択型リソース割当て問題の提案と割当て戦略による評価," 社会システムと情報技術研究ウィーク (社会におけるAI研究会, 人工知能学会), ニセコ甘露の森, Mar. 2-5, 2014.
  • 宮下裕貴, 菅原俊治, "報酬推定と信頼度を考慮したエージェントシステムのグループ編成について," 社会システムと情報技術研究ウィーク (社会におけるAI研究会, 人工知能学会), ニセコ甘露の森, Mar. 2-5, 2014.
  • 加藤千紘, 菅原俊治, "巡回アルゴリズムの効率を考慮したマルチロボット巡回清掃の領域分割法 の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, AI2013-31, pp. 71-76, 電子情報通信学会, 九州大学, Nov. 28-29, 2013
  • Xue Zhang and Toshiharu Sugawara, "Efficient Channel Division and Information Sharing Using Reinforcement Learning for Cooperative Multi-agent Systems," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, AI2013-21, pp. 13-18, 電子情報通信学会, 九州大学, Nov. 28-29, 2013
  • 早野 真史, 菅原 俊治, "大規模な環境におけるリソースの同定学習とチーム編成の効率化について," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, AI2013-20, pp. 7-12, 電子情報通信学会, 九州大学, Nov. 28-29, 2013
  • 平原悠喜, 鳥海不二夫, 菅原俊治, "スモールワールドモデルのソーシャルメディアにおける協調の進化," FIT2013 予稿集 , 電子情報通信学会/情報処理学会, 鳥取大学, Sep. 4-6, 2013.
  • 坂本裕紀, 菅原俊治, "家庭におけるスマートメーターを活用した電力需要学習に基づく売買取引手法の提案" 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, Vol. 113, No. 113, AI2013-2, pp. 7-12, 電子情報通信学会, 早稲田大学, July 4, 2013
to TOP

2012年度

    論文誌・国際会議(査読付き)
  • Yoshiki Kanda, Romain Fontugne, Kensuke Fukuda and Toshiharu Sugawara, "ADMIRE: Anomaly Detection Method Using Entropy-based PCA with Three-step Sketches," Computer Communications, Vol. 36, Issue 5, pp. 575-588, Elsevier B. V., March 1, 2013. DOI: 10.1016/j.comcom.2012.12.002, online (ScienceDirect)
  • Kazuki Urakawa and Toshiharu Sugawara, "Reorganization of Agent Networks with Reinforcement Learning based on Communication Delay," Proceedings of 2012 IEEE/WIC/ACM International Conference on Intelligent Agent Technology (IAT-12), pp. 324-331, IEEE Computer Society Press, Macau, Dec. 4-7, 2012. DOI: 10.1109/WI-IAT.2012.105, IEEE Xplore
  • Dai Hamada and Toshiharu Sugawara, "Two-Sided Parameter Learning of Role Selections for Efficient Team Formation," Proceedings of the 15th International Conference on Principles and Practice of Multi-Agent Systems (PRIMA-2012), LNCS (LNAI) Vol. 7455, pp. 122-136, Kuching, Malaysia, September 3-7, 2012. DOI: 10.1007/978-3-642-32729-2_9, Springer Link
  • 上野祐輝, 菅原俊治, "エージェントの複数系統集団における言語の相互世代学習とその特徴," 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM), 情報処理学会, Vol. 5, No. 3, pp. 32-40, September, 2012. IPSJ digital library
  • Dai Hamada and Toshiharu Sugawara, "Deciding Roles for Efficient Team Formation by Parameter Learning," Proceedings of the 6th International KES Conference on Agents and Multi-agent Systems - Technologies and Applications (KES-AMSTA 2012), LNCS 7327, pp. 544-553, Dubrovnik, Croatia, June 25-27, 2012. DOI: 10.1007/978-3-642-30947-2_59, Springer Link

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(軽い査読有り)
  • 米田圭佑, 加藤千紘, 菅原俊治, "バッテリ制限付きマルチロボットによる継続的な 巡回清掃における行動計画法の提案とその評価," エージェント合同シンポジウム (JAWS2012)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, つま恋, Oct. 24 - 26, 2012.
  • 浦川一紀, 菅原俊治, "階層型組織の再編成手法によるチーム編成の効率化とその評価," エージェント合同シンポジウム (JAWS2012)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, つま恋, Oct. 24 - 26, 2012.

  • 国内大会・研究会(査読なし)
  • 加藤千紘, 米田圭佑, 菅原俊治, "バッテリ制限付きマルチロボットによる継続的な巡回清掃のための領域分割法の提案," 社会システムと情報技術研究ウィーク (知識ベースシステム研究会, 人工知能学会), ルスツリゾート, Mar. 10-13, 2013.
  • 早野 真史, 浜田 大, 菅原俊治, "リソース推定方法と役割学習を組み合わせたチーム編成の効率化について," 知能システム研究会予稿集 ICS, Vol.2013-ICS-170, No. 11, 情報処理学会 社会システムと情報技術研究ウィーク、ルスツリゾート, Mar. 10-13, 2013.
  • 坂本裕紀, 菅原俊治, "家庭におけるスマートメーターを活用した電力制御・売買手法の提案," 情報処理学会全国大会, 5S-8, 東北大学, Mar. 6-8, 2013.
  • 風戸雄太, 福田健介, 菅原俊治, "DNSクエリのクラスタリングによるクエリパターンの異常検出," 情報処理学会全国大会, 3Z-1, 東北大学, Mar. 6-8, 2013.
  • 米田圭佑, 加藤千紘, 菅原俊治, "マルチロボット巡回清掃における強化学習を用いた行動計画法の提案と評価," 第87回情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会, 武雄市民会館, Feb. 27-28, 2013.
to TOP

2011年度

    論文誌・国際会議(査読付き)
  • 佐藤大樹, 菅原俊治, "強化学習を用いたチーム編成の効率化モデルの提案と環境変化に対する評価," 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM), 情報処理学会, Vol. 5, No. 1, pp. 40-49, March, 2012. IPSJ digital library
  • Kensuke Takahashi, Toshio Hirotsu and Toshiharu Sugawara, "Adaptive Routing Point Control in Virtualized Local Area Networks Using Particle Swarm Optimizations," Proceedings of the 23rd IEEE International Conference on Tools with Artificial Intelligence (ICTAI 2011), pp. 352-360, Boca Raton, FL, USA, Nov. 7-9, 2011. DOI: 10.1109/ICTAI.2011.59, IEEE Xplore
  • 渡辺友太, 栗原聡, 菅原俊治, "段階的推定モデルによるセンサネットワークのトポロジー推定," 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM), Vol. 4, No. 4, pp. 37-48, 情報処理学会, 2011. IPSJ digital library
  • 萬屋賢人, 菅原俊治, "渋滞緩和エージェントモデルによる渋滞緩和の提案と評価," 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM), Vol. 4, No. 4, pp. 1-9, 情報処理学会, 2011. IPSJ digital library
  • 浜田大、菅原俊治, "報酬に基づく強化学習を用いたチーム編成手法の提案と評価," FIT2011 予稿集 (査読付き), RF-10, 電子情報通信学会/情報処理学会, 函館大学, Sep. 7-9, 2011. online
  • Ryota Katayanagi and Toshiharu Sugawara, "Efficient Team Formation based on Learning and Reorganization and Influence of Communication Delay," Proceedings of the 11th IEEE International Conference on Computer and Information Technology (CIT-2011), pp. 563-570, Pafos, Cyprus, Aug.31-Sep.2, 2011. DOI: 10.1109/CIT.2011.18, IEEE Xplore
  • Yuta Watanabe, Satoshi Kurihara and Toshiharu Sugawara, "Sensor Network Topology Estimation Using Reaction Interval Distribution," Proceedings of International Workshop of Sensor Data Mining (IWSDM2011), pp. 1-5, Penghu, Taiwan, 12-15 June, 2011.
  • 大田昌幸, 杉本周, 福田健介, 廣津登志夫, 明石修, 菅原俊治, "Darknet に到着するパケット間の時系列相関解析とそのサイズ及び空間の依存性," コンピュータソフトウェア, Vol. 28, No. 2, pp.129-139, 日本ソフトウェア科学会, 岩波書店, 2011. DOI: 10.11309/jssst.28.2_129, J-STAGE (第17回研究論文賞[2013年9月受賞])

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(軽い査読有り)
  • 大榎啓太, 菅原俊治, "劇場における座席入札・割り当て戦略と各種利得への影響," エージェント合同シンポジウム (JAWS2011)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 熱海, Oct. 26 - 28, 2011.
  • 浜田大, 菅原俊治, "報酬割当の学習に基づくチーム編成の効率化," エージェント合同シンポジウム (JAWS2011)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 熱海, Oct. 26 - 28, 2011.
  • 萬屋賢人, 菅原俊治, "渋滞緩和エージェントによる渋滞緩和の効果と視野・配置の影響," エージェント合同シンポジウム (JAWS2011)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 熱海, Oct. 26 - 28, 2011.

  • 国内大会・研究会(査読なし)
  • 浦川一紀, 菅原俊治, "遅延観測に基づいた階層型組織の再編成手法とその評価," 社会システムと情報技術研究ウィーク, (人工知能と知識処理研究会技術研究報告), 信学技報, Vol. 111, No. 474, pp. 13-18, 電子情報通信学会, 定山渓, March 11-13, 2012.
  • 上野祐輝, 菅原俊治, "幼児エージェントモデル集団における世代学習とその特徴," 第87回情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会, Vol.2012-MPS-87, No.22, 指宿市民会館, March 1-2, 2012.
  • 女部田啓太, 菅原俊治, "ACO を用いた VLAN 環境下における動的中継点制御のスケーラビリティの向上," 第87回情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会, Vol.2012-MPS-87, No.3, 指宿市民会館, March 1-2, 2012.
  • 山本尚央, 佐藤進也, 菅原俊治, "キーワードテキストに対するイベント自動判定法の提案," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 信学技報, Vol. 111, No. 310, pp.59-63, AI2011-27, 電子情報通信学会, 九州大学, Nov. 21, 2011
  • 大榎啓太, 菅原 俊治, "劇場における座席入札・割り当て戦略とその影響" 日本ソフトウェア科学会全国大会予稿集, 7E-1, 那覇, Sep 27-29, 2011.
  • 佐藤大樹, 菅原俊治, "強化学習を用いたチーム編成の効率化モデルの提案と環境変化に対する評価," 情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会, Vol. 2011-MPS-85, No. 28, 室蘭工業大学, Sep. 15-16, 2011.
  • 浜田大, 菅原俊治, "報酬配分に基づく 強化学習を用いた効率的なチーム編成手法の提案," 第25回人工知能学会全国大会 (JSAI2011), 1F3-3, いわて県民情報交流センタ, 盛岡, June. 1-3, 2011.
  • 上野祐輝, 菅原俊治, "幼児期の学習モデルを利用した語彙の獲得と世代学習の効果と特徴," 第25回人工知能学会全国大会 (JSAI2011), 1G1-4, いわて県民情報交流センタ, 盛岡, June. 1-3, 2011.
to TOP

2010年度

    論文誌・国際会議(査読付き)
  • Masayuki Ohta, Yoshiki Kanda, Kensuke Fukuda and Toshiharu Sugawara, "Analysis of Spoofed IP Traffic Using Time-to-Live and Identification Fields in IP Headers," Proceedings of IEEE the Seventh International Symposium on Frontiers in Networking with Applications (FINA 2011), pp. 355-361, Biopolis, Singapore, March, 2011. DOI: 10.1109/WAINA.2011.111, IEEE Xplore
  • 片柳亮太, 菅原俊治, "リンクの動的生成を用いたチーム編成の効率化の提案と評価," 人工知能学会論文誌, Vol. 26, No. 1, pp. 76-85, Jan., 2011. DOI: 10.1527/tjsai.26.76, J-STAGE
  • 高橋謙輔, 阿部洋丈, 廣津登志夫, 菅原俊治, "離散 PSO を用いた分散仮想ルータのための動的中継点制御," 人工知能学会論文誌, Vol. 26, No. 1, pp. 25-33, Jan., 2011. DOI: 10.1527/tjsai.26.25, J-STAGE
  • Yoshiki Kanda, Kensuke Fukuda and Toshiharu Sugawara, "Evaluation of Anomaly Detection Based on Sketch and PCA," Proceedings of IEEE Global Communications Conference (GLOBECOM 2010), Miami, Florida, USA, 6-10 December, 2010. DOI: 10.1109/GLOCOM.2010.5683878, IEEE Xplore
  • Yuta Watanabe, Satoshi Kurihara and Toshiharu Sugawara, "Sensor Network Topology Estimation using Time-Series Data from infrared Human Presence Sensors," Proceedings of the 9th Annual IEEE Conference on Sensors (SENSORS 2010), pp. 664-667, Waikoloa, Hawaii, USA, Nov. 1-4, 2010. DOI: 10.1109/ICSENS.2010.5690090, IEEE Xplore
  • 速水雄太郎, 菅原俊治, "同期とグラフを用いたクラスタリング手法の提案と評価," 電子情報通信学会論文誌D, 電子情報通信学会, Vol. J93-D, No.7, July 2010. IEICE Transactions Online
  • Yoshiki Kanda, Kensuke Fukuda and Toshiharu Sugawara, "A Flow Analysis For Mining Traffic Anomalies," Proceedings of 2010 IEEE International Conference on Communications (ICC 2010), Cape Town, South Africa, 23-27 May, 2010. DOI: 10.1109/ICC.2010.5502463, IEEE Xplore

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(軽い査読有り)
  • 片柳 亮太, 菅原 俊治, "通信遅延を考慮する強化学習を用いたチーム編成の効率化手法の提案と評価," エージェント合同シンポジウム (JAWS2010)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 富良野, Oct. 27 - 29, 2010.
  • 佐藤 大樹, 菅原 俊治, "ページ間類似度によるWebブラウジング支援システム," エージェント合同シンポジウム (JAWS2010)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 富良野, Oct. 27 - 29, 2010.
  • 大田昌幸, 薄田広志, 福田健介, 廣津登志夫, 菅原 俊治, "Darknetに到着する背景雑音異常トラフィックの特徴解析," 第11回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2010) 論文集 (ISSN 1341-870X), 日本ソフトウエア科学会, 山形, June 24-25, 2010.
  • 渡辺翔平, 福田健介, 廣津登志夫, 菅原俊治, "未使用IPアドレスに届くパケット収集システムの開発と評価," 第11回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2010) 論文集 (ISSN 1341-870X), 日本ソフトウエア科学会, 山形, June 24-25, 2010.

  • 国内大会・研究会(査読なし)
  • 渡辺友太, 栗原聡, 廣津登志夫, 菅原俊治, "段階的推定モデルによるセンサネットワークのトポロジー推定," 情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会, Vol. 2011-MPS-82, No. 4, 青島ビーチホテル, Mar. 7-8, 2011.
  • 邊見典子, 菅原 俊治, "人流シミュレーションによる店内レイアウトの効果分析," 情報処理学会全国大会, 1R-5, 東京工業大学, Mar. 2-4, 2011.
  • 萬屋賢人, 菅原俊治, "渋滞緩和エージェントモデルによる渋滞緩和の提案と評価," 第81回数理モデル化と問題解決研究会 (MPS-81), Vol.2010-MPS-81, No.5, 情報処理学会, 九州大学, Dec. 16-17, 2010.
  • 本多隆虎, 和泉潔, 松井藤五郎, 吉田稔, 中川裕志, 石田智也, 中嶋啓浩, 菅原俊治, "日次ニュース業界別記事抽出による株価変動予測," ファイナンスにおける人工知能応用研究会, SIG-FIN-005-06, pp. 33-38, 人工知能学会, Oct. 2, 2010.
  • 大田昌幸, 福田健介, 廣津登志夫, 菅原俊治, "Darknetに到着するUDPパケットの特徴解析," 日本ソフトウェア科学会第27回大会予稿集, 研究会セッション, 3A-3, 津田塾大学, September, 2010.
  • 阿久津準, 廣津登志夫, 菅原俊治, "ブリッジを用いた動的アドレス変更機構の開発と評価," 日本ソフトウェア科学会第27回大会, 学生セッション, 1C-1, 津田塾大学, September, 2010.
  • 山本尚央, 佐藤進也, 菅原俊治, "特定ジャンルのブログに対する共起とユーザ別特徴語抽出を用いた話題抽出," FIT2010 予稿集, F-50, 電子情報通信学会/情報処理学会, 九州大学, September, 2010.
  • 渡辺友太, 栗原聡, 菅原俊治, "センサネットワークにおける隣接関係の推定," FIT2010 予稿集, F-38, 電子情報通信学会/情報処理学会, 九州大学, September, 2010.
  • 佐藤大樹, 菅原俊治, "ブラウザの閲覧履歴に基づく探索行動抽出手法," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告 (信学技報 Vol.110, No.105), pp.31-35, AI2010-6, 電子情報通信学会, 東京, Jun. 25, 2010
  • 萬屋賢人, 菅原俊治, "渋滞相からメタ安定相への遷移を可能にする渋滞 緩和エージェントの提案と効果," 第24回人工知能学会全国大会 (JSAI2010), 2I1-OS5-4, 長崎ブリックホール, 長崎, Jun. 9-11, 2010.
to TOP

2009年度

    論文誌・国際会議(査読付き)
  • 田中恵海, 高橋謙輔, 鳥海不二夫, 菅原俊治, "学級のいじめ問題を題材 とする工学的シミュレーションとその考察," 情報処理学会論文誌:数理モデル化と応用 (TOM), Vol. 3, No. 1, pp. 98-108, 情報処理学会, Jan. 2010. IPSJ digital library
  • 高橋謙輔, 栗原聡, 廣津登志夫, 菅原俊治, "フェロモンモデルを用いたセンサーネットワークトポロジーの自動推定," 電子情報通信学会論文誌D, Vol. J92-D, No. 11, pp. 1851-1860, 電子情報通信学会, Nov., 2009. IEICE online
  • 速水雄太郎, 菅原俊治, "同期とグラフを用いたクラスタリング手法の提案と評価," FIT2009 予稿集(査読付き), 電子情報通信学会/情報処理学会, 東北工業大学, September, 2009 (FIT2009 論文賞).
  • Kensuke Takahashi, Satoshi Kurihara, Toshio Hirotsu, and Toshiharu Sugawara, "Estimation of Sensor Network Topology using Ant Colony Optimization," Proceedings of the 9th International Conference on Adaptive and Natural Computing Algorithms, LNCS 5495, pp. 263-272, April 23-25, 2009. DOI: 10.1007/978-3-642-04921-7_27, Springer Link

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(軽い査読有り)
  • 高橋謙輔, 阿部洋丈, 廣津登志夫, 菅原俊治, "群知能を用いた分散仮想ルータのための動的中継点制御," エージェント合同シンポジウム (JAWS2009)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 蔵王, Oct. 28 - 30, 2009.
  • 片柳亮太, 菅原俊治, "組織の再構成を利用したチーム編成の効率化と伝搬遅延の影響について," エージェント合同シンポジウム (JAWS2009)論文集, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 蔵王, Oct. 28 - 30, 2009.
  • 神田良輝, 福田健介, 菅原俊治, "フロー情報に基づくダークネットUDPトラフィックの解析," 第10回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2009) 論文集 (ISSN 1341-870X), 日本ソフトウエア科学会, 富良野, June 26-27, 2009.
  • 杉本周, 福田健介, 廣津登志夫, 明石修, 菅原俊治, "特定のアドレス空間を基準とした遅延相関解析によるインターネット上の攻撃予測の可能性," 第10回インターネットテクノロジーワークショップ (WIT2009) 論文集 (ISSN 1341-870X), 日本ソフトウエア科学会, 富良野, June 26-27, 2009.

  • 国内大会・研究会(査読なし)
  • 渡辺友太、菅原俊治, "センサネットワークにおける人物の動線推定," 電子情報通信学会総合大会, DS-2-5, 東北大学, Mar. 16-19, 2010.
  • 杉本周、福田健介、廣津登志夫、菅原俊治, "パケットカウントの分布に基づく Darknet トラフィックの解析," 情報処理学会全国大会, 6ZA-1, 東京大学, Mar. 9-11, 2010.
  • 中尾圭佑、菅原俊治, "マルチエージェント強化学習による社会規範の発現," 情報処理学会全国大会, 2W-4, 東京大学, Mar. 9-11, 2010.
  • 上田芳弘, 今間俊介, 高橋謙輔, 菅原俊治, "ライフログの継続的収集を目的としたアプリケーションの開発," 情報処理学会全国大会, 1ZB-8, 東京大学, Mar. 9-11, 2010.
  • 今間俊介、菅原俊治, "分散協調監視アーキテクチャにおける拠点間の攻撃情報通知フレームワークの開発と評価," 情報処理学会全国大会, 1ZE-6, 東京大学, Mar. 9-11, 2010.
  • 高橋謙輔、阿部洋丈、廣津登志夫、菅原俊治, "離散PSOのVLANトラフィック最適化問題への適用と収束性の分析," 情報処理学会全国大会, 1W-6, 東京大学, Mar. 9-11, 2010. (学生奨励賞)
  • 原田和治, 菅原俊治, "組織における配置戦略がパフォーマンスと知識継承に与える影響の マルチエージェントシミュレーション," 情報処理学会全国大会, 1V-2, 東京大学, Mar. 9-11, 2010.
  • 高橋謙輔, 菅原俊治, "AMPSO を用いたVLAN 環境下における動的中継点制御のスケーラビリティの向上," 情報処理学会数理モデル化と問題解決研究会 (MPS-77), Vol.2010-MPS-77, No.6, 伊豆高原, March. 4-5, 2010.
  • 片柳亮太, 菅原俊治, "組織の再構成によるチーム編成の効率化への組織 構造による影響," 人工知能と知識処理研究会技術研究報告, pp.43--48, AI2009-17, 電子情報通信学会, 京都、Sep. 25, 2009
  • 片柳亮太, 菅原俊治, "強化学習とリンクの動的生成を用いた組織の再構 成によるチーム編成の効率化," 2009年度人工知能学会全国大会, 2G2-2, 松山, Jun. 17-19, 2009.
to TOP

2008年度

    論文誌・国際会議(査読付き)
  • Kensuke Takahashi and Toshiharu Sugawara, "Estimation of Sensor-Network Topology from Time-Series Sensor Data using Ant Colony Optimization Method," Proceedings of IEEE Swarm Intelligence Symposium 2008 (IEEE SIS 2008), St. Louis, Missouri, September 21-23, 2008. DOI: 10.1109/SIS.2008.4668278, IEEE Xplore
  • 高橋謙輔, 菅原俊治, "センサー間の隣接関係の自動推定の高精度化," FIT2008 予稿集(査読付き), 電子情報通信学会/情報処理学会, 慶應大学, September, 2008. CiNii

  • 国内シンポジウム・ワークショップ(軽い査読有り)
  • 田中恵海, 菅原俊治, "マルチエージェントシミュレーションによる学級のいじめ問題の対策行動の効果," 第4回ネットワークが創発する知能研究会ワークショップ (JWEIN2008)論文集, 日本ソフトウエア科学会, 東京工業大学, August 29-31, 2008.
  • 今間俊介, 福田健介, 廣津登志夫, 菅原俊治, "断片ダークネットのため のパケット観測用ブリッジの提案," 第9回インターネットテクノロジーワークショップ(WIT2008) 論文集 (ISSN 1341-870X), 日本ソフトウエア科学会, 小樽, June 26-27, 2008.

  • 国内大会・研究会(査読なし)
  • 高橋謙輔, 菅原俊治, "センサーネットワークトポロジー推定の分散化," 電子情報通信学会総合大会, DS-2-3, 愛媛大学, Mar. 18-20, 2009.
  • 大田昌幸, 杉本周, 菅原俊治, 福田健介, 廣津登志夫, "DarkNetにおける遅延相関とアドレス間距離との位置関係の解析," 情報処理学会全国大会, 2V-7, Vol. 3, 205-206, 立命館大学, Mar. 10-12, 2009. (学生奨励賞)
  • 上田芳弘, 今間俊介, 高橋謙輔, 菅原俊治, "ポケット・インフォメーション: 仮想空間内を移動する情報を取得するアプリケーション," インタラクション2009, ポスターセッション, 情報処理学会, Mar. 5-6, 2009.
  • 高橋謙輔, 菅原俊治, "Ant Colony Optimizationによるセンサーネットワー クトポロジーの自動推定," 進化計算シンポジウム2008 (Evo2008), ポスターセッション, 登別温泉, Dec. 20 - 21, 2008.
  • 高橋謙輔, 菅原俊治, "フェロモンモデルを用いたセンサーネットワークトポロジーの自動推定," エージェント合同シンポジウム (JAWS2008)論文集, pp. 461-468, 日本ソフトウエア科学会、電子情報通信学会、人工知能学会、 情報処理学会共催, 大津, Oct. 29 - 31, 2008.
  • 原田 和治, 菅原 俊治 "企業内における人事異動が与える影響のシミュレーション," 第22回人工知能学会大会, 1J1-2, June, 2008.
to TOP

2007年度

  • 今間俊介, 福田健介, 廣津登志夫, 菅原俊治, "断片ダークネット・アド レス宛パケット収集ブリッジの開発と評価," 情報処理学会全国大会, 3ZL-6, 筑波大学, March, 2008.
  • 高橋謙輔, 菅原俊治, "時系列センサーデータを使用したセンサー間の隣 接関係の推定法の提案," 知能と複雑系研究会情処研究報告・人工知能と知識処理研究会技術研究報告, 情報処理学会・電子情報通信学会, 2008-ICS-151, pp. 85-90, 定山渓, March 2008.
to TOP

 

English
hover