A Diagnotic and Observation Expert System for Large TCP/IP-based Internetworks

Abstract

Computer networking is raplidly expanding, and the number of problems occurring in networks is also increasing. Many of these problems have special features which are difficult to troubleshoot. This paper describes a LAN diagnostic expert system called LODES, which handles this situation in a complex and heterogeneous network environment. Each constituent network has its own expert system containing management inforamtion in the local network. TCP/IP-related problems are thus resolved signly or cooperatively depending on their type. This system also includes a network observer which monitors packets flowing in the network and can find a number of problems and incications of trouble for automatic problem detection and troubleshooting. This describes the necessity of LODES, the configuration, knowledge in LODES, and an actual diagnostic example.




大規模インターネットワーク診断/監視エキスパートシステムについて

ABSTRACT

LAN を利用したコンピュータネットワークの拡大に伴い障害の発生が急増してい る。原因位置が物理的に隔たれている、管理の分散化による情報の不足などの理由 により、これらの障害の解消に多大の時間と労力を浪費しているという問題がある。 しかも、影響範囲が広いので障害の予防もしくは迅速な障害発見・解消が要求され る。 我々の障害解消の経験を知識ベース化し、LANの診断監視用エキスパートシス テムLODESを作成した。 LODESは、 TCP/IP関係のプロトコルと照らし合わせた上で のプロトコル違反の発見、パケットの監視による障害(または兆候)の自動発見、 ホストのネットワーク関係の情報の異常・設定ミス等の指摘を行う。また診断の際 には各ネットワークセグメントに配置された LODES間で情報交換を行いながら分散 協調問題解決を行うという特徴を持つ。 LODESを実際に運用し、これまで発見でき なかった現象や障害を発見することができた。


Back to the previous page